IELTS ライティング<5.5の壁から抜け出す方法> タスク2の構成

タスク2の構成とエッセイタイプの把握

IELTS ライティングのタスク 2はジェネラルであれ、アカデミックであれ、エッセイの課題は同じ。250文字以上のエッセイを書く課題となります。
約40分以内に書く必要があります。エッセイのお題は、今の社会問題に関連したものが多く出題されます。

タスク2の課題例

WRITING TASK 2
You should spend about 40 minutes on this task.
Present a written argument or case to an educated reader with no specialist knowledge of the following topic.

It is important for children to learn the difference between right and wrong at an early age. Punishment is necessary to help them learn this distinction.

To what extent do you agree or disagree with this opinion?
What sort of punishment should parents and teachers be allowed to use to teach good behavior to children?

Give reasons for your answer and include any relevant examples from your own knowledge or experience.
Write at least 250 words.

ライティングの構成とテンプレート

IELTSライティングタスク2のエッセイは4段落構成です。

① イントロダクション (40文字)
② ボディー1 (90文字)
③ ボディー2 (90文字)
④ 結論 (30文字)

大体の文字数の目安として、イントロ30文字、ボディー1・2はともに90文字、結論40文字で合計250文字を目指しましょう。イントロと結論は簡潔に書きましょう。300文字以上の書きすぎにも注意しましょう。
また、イントロと結論は定型文を使うこともできるので、時間と労力をかけないようにします。高得点をとるエッセイはバランスのよくとれているエッセイですので、文字数の偏りには気を付けましょう。

書きすぎは減点対象を多く作ってしまうため、250文字前後で書いていきましょう。
*文字数が少ないという理由での減点はありません。

また、文法のケアレスミスが10個以上ある場合は5.5以上を取ることは非常に難しくなります。
文法の間違いを最小限に抑えることが点数を上げるコツです。

それでは、段落ごとの内容と構成を見ていきましょう。


①イントロ

質問の言い換え+ 自分の意見を求められているときは自分の意見を入れる 、意見を聞かれていないときはこれから何について書くかというエッセイのプランを言いましょう。

例題は自分の意見が求められる「オピニオンエッセイ」を見てみます。
例】When choosing a job, the salary is the most important consideration. To what extent do you agree or disagree?

イントロ言い換え例
→ ①Recently, many people believe that salary should be the first consideration when choosing their jobs. I completely agree with this idea, feeling that people are mainly motivated by financial compensation. 

→ ②There are some arguments that salary is considered as a key factor in terms of a career choice. I mainly agree with the idea for several reasons.

“Recently”の言い換えは、”In recent years”, “These days”, “Today” などを活用しましょう。イントロは決まり文句(テンプレート)が活用できるところですのでテンプレートを活用しましょう。

イントロのテンプレ

  • There are some arguments about..
  • Recently, many people have been talking about..

②ボディー1

ボディーは必ずトピックセンテンスから始めます。トピックセンテンスとは自分の一番言いたいこと、この段落の結論に当たります。英語の段落は必ずトピックセンテンスから始めます。

段落の構成 <自分の意見と理由+その根拠+具体例=段落の結論>

1. ここでは課題の自分の意見とその理由を明確にします。
The main reason why I agree with the idea is that money is a key motivator for many people at the workplace. 

2. その根拠を説明します。
This is because, low paying jobs, for example, show high turn over rates, which means people are constantly finding a job to meet their needs. In the recent capital market, keeping up with the high standard living requires higher financial investments. Women also have joined the workforce to support their family. 

3. そしてその具体例を示します。
For example, smart phones are the things we need to have because they are socially important items. In the past, however, we didn’t need to buy computers, smartphones, and many more things and services. In our modern busy lifestyle, we are keep buying products and services that are offered for convenience. 

4. 段落の結論に導きます。
Money can, therefore, an important factor to make a living for many and be a primary reason when choosing a job.


③ボディー2

ボディー2には、2つの目の同意の理由を書き、その根拠と具体例を入れてボディー1と同じように展開します。

→ Another reason why I agree with the idea is that money is considered as a symbol of success and many people gauge a level of success with their financial status.   
そしてボディー1と同様、その理由と具体例、段落の結論で締めます。


④結論

結論はイントロと似ていますが、(意見を聞かれているときは)自分の意見とメインの理由を書いて終わりにします。
必ず、“In conclusion”, “To conclude”(アカデミックな表現) で始めるようにしましょう。

結論は今まで議論した内容をまとめる所ですので新しい情報は決して入れてはいけません。
“To sum up” はアカデミックな表現ではないので使用は避けましょう。

→ In conclusion, I absolutely believe that the size of salary must be the priority when selecting a job, because money is a necessity to make a living in today’s society and many people are motivated by a higher financial remuneration. 

結論も労力を使わなくていい所ですので、テンプレートが有効に使えます。

結論のテンプレ
In conclusion, there are convincing arguments whether A or B 
To conclusion, although … I believe that


ライティング問題形式の5つのパターン


IELTSのライティング タスク2は、5つの問題パターンを把握して構成や書き方を変えていく必要あります。

1.自分の意見を述べる opinion エッセイ
To what extent do you agree or disagree?
Do you agree or disagree?
What is your opinion?

2.自分の賛成しない方の意見も支えなければならない discussion opinion エッセイ
Discuss both views and give your opinion
Do the advantages of this outweigh the disadvantages?
Do the advantages outweigh the disadvantages?

3.2つの質問に答える direct question エッセイ
What could be the reason for this trend? and what can be done to solve the problem?
What effects does this cause? What are the solutions to it ?

4.advantage とdisadvantageについて公平に述べる discussion エッセイ
Discuss the advantages and disadvantages.
What are the advantages and disadvantages?

5.問題を提議してその解決策を提案する cause and solution エッセイ
Explain this problem and suggest some solutions.
What problems will this cause for individuals and society? Suggest some measures that could be taken to reduce the impact of ageing populations.

別のブログ記事でパターン別にエッセイタイプを詳しく説明しています。

まとめ

IELTSライティングでは、どのエッセイパターンでも4段落構成<イントロ➡ボディー1➡ボディー2➡結論>で書きます。
ボディーの段落はトピックセンテンス(段落のまとめ)➡その理由・詳細(サポーティブセンテンス)➡段落の結論から構成されています。
イントロと結論はテンプレートを使って時間をかけずにボディーに時間と労力をかけましょう。
5つのエッセイタイプ(5つのパターン)を把握しましょう。


IELTSを熟知したバイリンガル日本人講師から習う

Metropolitan Academy of English

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!