TOEICとは?

TOEICとは?

TOEICは、米国の民間の教育研究機関ETCが主催する、国際コミュニケーション英語能力テストで、日本では国際ビジネスコミュニケーション協会が運営しています。
「聞く・読む」力を問う TOEIC Listening & Reading と、「話す・書く」力を問う TOEIC Speaking & Writing で構成されており、別々に実施されます。

一般的にTOEIC と呼ばれるものは、TOEIC Listening & Reading(L&R)のことを指しています。
TOEIC Speaking & Writing (S&W)の方は、まだ受験者数は少ないながらも、L&Rで高いスコアをとっていても話せなかったり書けない人がいることから、徐々に需要が高まっているのも現実です。

TOEIC L&Rは、日常生活やビジネス上のコミュニケーションに必要な英語で「聞く・読む」能力を測るテスト。
10点から990点までのスコアで評価され、企業・団体においては昇進・昇格の要件として、また、社員の採用の際などに参考にされています。
学校でも、入学試験や単位認定などで活用されています。

世界150か国で開催され、約700万人(2012年度)が受験しているTOEIC。そのうち、日本の受験者数は約266万人(2018年度)です。
割合的に見て、日本の受験者が非常に多いことがわかりますね。

TOEIC 試験実施回数と受験料

日本では、全国約80都市で開催されます。
大都市では2月と8月を除いて毎年10回実施されますが、すべての会場がそうとは限らないので注意が必要です。

申し込みは、試験日のおよそ3か月前から1か月強前まで。
キャンセル、返金、試験日・申し込み者の変更はできません。

受験料は5,830円(10%税込)。
2020年4月からは値上がりしますのでご注意を。

下記公式ページより、最新のテスト日程の確認と申し込みが可能です。
https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/guide01.html

TOEIC テスト概要

テストはマークシート方式で、最初に45分間のリスニングをし、そのあとに75分間のリーディングのセクションになります。合計約2時間で200問に答えます。
TOEICスコアの最低点は10点、最高点は990点満点(L:495 R:495) です。

テスト当日は12:30までに受け付けを済ませましょう。
13時からスタートし15時過ぎには終了となりますが、その間は、休憩も退室も認められていません。
筆記用具と、腕時計(その他は認められていません!)は必ず持っていくようにしましょう。

TOEIC テストの流れ

リスニング 45-47分(100問)

リーディング 75分(100問)

TOEICのセクション別の対策は以下の記事でまとめています。

TOEICの特徴

TOEICはリーディング・リスニングともにビジネスをテーマにした問題が多く出題されます。
また、リーディング・リスニングどちらも短い制限時間の中でたくさんの問題を解くため、集中力と処理能力、そして頭の切り替えが必要になります。
TOEFLやIELTSなど、他の英語の試験ほどの語彙力や読解力が必要になる場合はありませんが、TOEICの頻出単語や速読力をTOEIC対策として身につけなければいけません。