TOEFLの満点とは?

TOEFLは海外留学、特にアメリカの大学に入学する方にとって必要不可欠な資格試験の一つ。
TOEFL iBTのスコアは120点満点です。必要なTOEFLのスコアは学部によって異なる場合もありますが、ハーバード大学、スタンフォード大学、イェール大学といった有名大学ですと100点以上のハイスコアが求められます。このようにTOEFL iBTで満点を取るのは、かなりレベルが高いと思った方がよいでしょう。

セクション別 TOEFL iBT満点スコアとは

配分は、各セクション30点満点の合計120点満点となります。

下記の表は、点数毎でだいたいのレベルを知ることができます。TOEFL100点以上のスコアを要求される場合、各セクション上級レベルの点数を取得することになります。

セクション別レベル・点数
リーディング上級・24-30
中上級・18-23
中級・4-17
初級・0-3
リスニング上級・24-30
中上級・18-23
中級・4-17
初級・0-3
スピーキング上級・25-30
中上級・20-24
中級・16-19
初級・10-15
基礎・0-9
ライティング上級・24-30
中上級・17-23
中級・13-16
初級・7-12
基礎・0-6


評価基準は下記のブログをご覧ください。

TOEFL iBTとは?

TOEFL iBTとは?

TOEFLとは、アメリカの教育団体(ETS)が主催する英語能力判定試験のひとつで、大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合

日本人のTOEFL平均点ってどれぐらい?

ドイツ:99点
インドネシア:86点
韓国:84点
中国:81点
日本:72点


2019年のETSのデータによると、日本人のTOEFL iBT平均点は120点満点、中72点となります。
他国と比較すると低い結果となっており、特に4つのセクションの内スピーキングが一番苦手なようでした。アウトプットを必要とするスピーキングでは日本人にとっては難しく感じられるようです。

また、昨今iPadやスマホなどの電子機器が広く普及してきたため、パソコン操作に慣れていない学生の方は少なくありません。そちらも原因の一つとして考えられるでしょう。

TOEFLで満点を目指すべき?

まず、ご自身の目標点数を設定してみましょう。TOEFL iBTで80点を必要とするならば満点を目指す必要はありません。無理して満点を目指そうとすることで、かえって時間や効率が悪くなります。
それよりも80点のラインに到達できる勉強をすることが大事です。
TOEFL満点のスコアを求められることはそうそうないので、自分に見合った学習法を行うことがよいでしょう。

満点に近づく勉強法

満点は無理でもなるべく高得点を取りたいところ。まずは基礎を固めていくところから始めた方がよいでしょう。TOEFLの単語は大学生活で使われるアカデミックな範囲になりますので、難易度も高いです。単語数も8,000~10,000語と言われているため、普段のTOEFL対策に加え英単語を学習することは並行して続けていく必要があります。

そして、TOEFLの文章も複雑な構文を使ったアカデミックな構造になります。このアカデミックな文に普段から慣れておかないと、実際に試験で目の当たりにした時に何が問われているのか頭が真っ白になってしまいます。したがって、文章の読解力を身に付け文の構造をしっかり理解しておくことは極めて重要です。
少なくとも高校で学習する英文法は固めておく必要があります。

まとめ

TOEFLの配点は各30点満点の合計120点満点となります。
アメリカの名門、アイビーリーグでは100点以上のハイスコアを求められます。TOEFLで満点を取るのは可能ではありますが、かなりハードルが高いと思った方がよいでしょう。
無理して満点を目指すよりも、自分の目標点数に到達できるラインを狙う方が効率的です。