IELTSジェネラル リーディング【セクション3対策】

IELTSジェネラルのセクション3の対策

IELTS ジェネラルリーディングはセクション1は広告や宣伝などの内容の短文が2つ、セクション2では職場関係の短文が2つ、そしてネックとなる難問・セクション3は学術的な長文1つで構成されています。ここではセクション3の攻略法について説明します。

リーディング(40問60分)ジェネラル・モジュール
セクション1セクション1は短文2つ
内容は広告などや宣伝
設問は各文6-7問で計12-14問
セクション2セクション2も短文2つ
内容は職場関連
設問は各文6-7問で計12-14問
セクション3セクション3は2ページに渡る長文
学術的な内容
設問は約12-13問
IELTSジェネラルリーディングの構成

IELTS ジェネラル リーディングのセクション3は、アカデミックの問題と同じくらい難しいパートです。セクション1, 2は解けるのに、セクション3の長文を読むのに苦戦して、時間が足りなくなってしまう人も多くいます。

セクション毎の設問数は12から13問ですので、パート3で仮に全問正解できないと、他の問題がすべて正解だったとしてもバンドスコアは5.5 どまりとなります。バンドスコア6.0 以上を目指す人はセクション3の対策が必須となります。

【ジェネラルリーディングスコア換算表】

Band スコア9.08.58.07.57.06.56.05.55.04.54.03.5
Score
(素点)
403937-383634-3532-3330-3127-2923-2619-2215-1812-14


セクション3を「いかに早く解くか」「捨てる問題を見極めてきっぱり捨てられるか」によって点数が大きく開きます。セクション3では、正確に答えられるものだけに集中し<例えば穴埋め問題など>点数を確実に稼ぐことがスコア取得の近道となります。

また、どの問題に取り組むにあたっても時間の流れ(年代など)や、人の名前がいくつか出てきた場合は必ず印をつけてすぐ戻れるようにしておきましょう。(コンピュータテストでは、右クリックをするとハイライトを入れることができます)

セクション3における設問パターンは、以下の通りです。ほとんどの場合、段落ごとのタイトルマッチング問題があります。

セクション3の設問形式

①タイトルマッチング問題(ヘッディング問題)
②空欄穴埋め問題
③選択問題
④True/False/Not given

ジェネラルセクション3 問題形式別の対策

① タイトルマッチング問題(ヘッディング問題)

まずタイトルを読みましょう。タイトルからだいたいの内容が想像できるでしょう。その後、段落を順に読み進めていきますが、ただ、段落をひとつずつ丁寧に読んでいると時間が足りなくなります。速読が苦手な人は全てを読むことをきっぱりあきらめましょう。全てを読まなくても解けます。

英語の規則として段落のはじめの1~2文(トピックセンテンス)が大事。トピックセンテンスをしっかりと理解し、何について書いてある段落かを想像します。1~2文読んでも分からない時は、3文目も読まなければ内容が想像できないこともあります。

しかし、「最初の 2 文は必ず読む」ようにしましょう。文の長さにもよりますので、1文目が長く、すべての情報が詰まっているようであれば2分目は省くこともできます。

そして最後の1~2文も大事。なぜなら、どのように段落が発展して最後に至ったのかが分かるからです。最後の文だけでは想像できない時にのみ、3-4文先に戻って読む必要が出てきます。実際の問題を見てみましょう。

 

The Zebras’ long walk across Africa

James Gifford investigates some interesting new research into migration patterns of zebras living
in Botswana in southern Africa

A.
For any animal to travel over 270 km in Botswana partly across the sand and low bush terrain of the Kalahari Dessert is a remarkable achievement. But to do so in 11 days and without any obvious motivation, as this zebra population does, is quite extraordinary. On average their journey involves an exhausting round trip of 588 km – between the Makgadikgadi salt pan area and the Okavango river – making it second only to the great trek undertaken by the zebra herds in the Serengeti National Park. However, what is even more incredible still in my view is that until recently it was completely unheard of.

B.
Hattie Bartlam, a researcher, discovered this migration while she was tracking zebra groups, officially known as harems, by the Okavango River for her PhD, Each harem consists of a stallion and his seven or eight mares with juvenile foals. There is no loyalty between zebras beyond this social group, though harems often gather together into so-called herds. For her study, Hattie had planned to compare the small-scale movement patterns of 11 different zebra herds in the area.

C.
In December, when the annual rains had transformed the roads into rivers, Hattie was, therefore, more than a little surprised when she checked the data sent by the radio collars she fits to the zebras she is tracking to find that six of the harems were 270 km away on the edge of the Makgadikgadi, a huge mineral-rich area where salt has collected over the years as water evaporates in the heat. Then, when the last of the moisture from the rains had disappeared in May the following year, five of those harems came wearily back to the Okavango. This raised the question: why, despite a plentiful supply of food and water, were the zebras being drawn eastwards to the salt pans? Even more difficult to understand was what made six of the groups travel so far, while the other five remained by the Okavango.

D.
This discovery created quite a buzz in the research community. I decided to visit Hattie and she explained that a century ago the large number of Botswana’s zebra and wildebeest herds and the resulting competition for grass made migration essential. One of the migration tracks went from the Okavango to Makgadikgadi. But in the late 1960s, giant fences were put up to stop foot and mouth and other diseases spreading between wildlife and domestic cattle. One of these went across the migration track. Though the animals could get round the obstacle, each leg of their journey would now be 200 km longer – an impossible distance given the lack of permanent water on the extended route. Even today, with the fence gone (it was taken down in 2004), there is dangerously little drinking water to support the zebras on the return journey to the Okavango.

E.
As a zebra can live up to 20 years, the migration must have skipped at least one generation during the 40 or so years that the fences were up. This prompts another question: it has always been assumed that the young of social herbivores like zebras learn migratory behaviour from their parents, so how did the latest generation learn when and where to go? Not from their parents, who were prevented from migrating. Did they follow another species, such as elephants? We may never know.

F.
Hattie’s data points to the conclusion that there are several zebra populations adopting different behaviour. The first, like the vast majority of the Okavango zebras, take it easy, spending the entire year by the river. The second group, 15,000-20,000 strong, work a bit harder. They divide their time between the Makgadikgadi salt pans and the Boteti River, which is reasonably nearby. They sometimes struggle to find water in the Boteti area during the dry season, often moving 30 km in search of fresh grazing. Their reward: the juicy grass around the Makgadikgadi after the rains. The final group of zebras, whose numbers are more modest (though as yet unknown), must surely be considered as among the animal kingdom’s most remarkable athletes. By moving between the Okavango and the salt pans, they enjoy the best of both worlds. But the price they pay is an extraordinary journey across Botswana.

G.
Endangered species naturally tend to grab the headlines, so it’s refreshing for a relatively abundant animal like the zebra to be the centre of attention for once. Zebras are a vital part of the food chain: understanding their migration, in turn, helps us to interpret the movements of their predators, and Hattie’s research has shed light on the impact of fences on migratory animals. So what triggered her interest in zebras? She explains that it is easier to get funding to study exciting animals like lions. Crucial as that undoubtedly is, she believes that herbivores like zebras are key to understanding any ecosystem. The scientific community is fortunate that people like Hattie are willing to take the hard option


Aの段落は
For any animal to travel over 270km in Botswana partly across the sand and low bush terrain of the Kalahari Desert is a remarkable achievement. (But to do so in 11 days and without any obvious motivation, as this zebra population does, is quite extraordinary.)
…………………………………………………………………………………
However, what is even more incredible still in my view is that until recently it was completely unheard of. However, what is even more incredible still in my view is that until recently it was completely unheard of. 

これだけ読めば十分です。

ここから分かることは何でしょうか?
「どんな動物でも、カラハリ砂漠を超える270キロの旅は顕著な功績だ。(このゼブラが11日以内で、これと言った目的もなくそれをやってのけることは非常に並外れたことだ。)…………………………しかし、さらに私にとって信じられないことは、それが最近になるまで全然知られていなかったことだ」

設問を見てみましょう。

【例題1】

Questions 28-34

The reading passage has seven sections, A-G.
Choose the correct heading for each section from the list of headings below.

Write the correct number i-x, in boxes 28-34 on your answer sheet.

List of Headings

i. A decrease in the zebra population
ii. An obstruction on the traditional route
iii. An unknown species
iv. Some confusing information
v. Staying permanently in the Makgadikgadi
vi. Nearly a record in the zebra world
vii. Three different ways of living
viii. The original aim of the work
ix. How was the information passed on?
x. Why it is important to study zebras

設問を解くには消去法を活用しましょう。

解き方】ヘッディング問題では、まず、Aの段落を読んで設問の i から x.までで当てはまるものを選んでいきます。

ⅰの “A decrease in the zebra population” でしょうか。違います。では、ⅱの “An obstruction on the traditional route?”  と一つひとつ順に見ていきます。

本文の “remarkable achievement, ,quite extraordinary” から分かるように、「すごいことだ!!!」を強調しています。
ⅵの “Nearly a record in the zebra world.”の “record”は「記録破り」、「最高記録」などと訳します。この単語の意味が分からない場合は覚えましょう。これに関連していると判断できます。
しかし、最後のxまですべて目を通すことを忘れないでください。まだ、この時点で正誤を完全に決めなくても大丈夫。とにかく次へ進みます。あまり確実でないものは「これかな?」と目安を付けて飛ばしていきます。確実に解ける問題があればそれを先に当てはめていきます。選ぶ選択肢が少なくなれば正解率は自然と上がります。同じ選択肢を使うことは絶対にありません。

気を付けなくてはいけないことは、先に選んでしまったヘッディングが間違っていた場合は、残りの問題に影響を及ぼしてしまいます。確実でないと思ったものは、最後まで選択肢から外さないようにしましょう。

B Hattie Bartlam, a researcher, discovered this migration while she was tracking zebra groups, officially known as harems, by the Okavango river for her PhD. ( Each Harem consists of a stallion and his seven or eight mares with juvenile foals)
………………………………………………………………………………………………………….
For her study, Hattie had planned to compare the small-scale movement patterns of 11 different zebra herds in the area. 

「Hattie という研究者が PhD のために Okavango 側付近でゼブラのグループを追跡している時にこの移動を発見しました。(それぞれのグループは1頭のオスと子供を引き連れた 7,8 頭のメスから構成されている)研究のために、Hattie はその付近の11の異なったゼブラの群れの小規模な移動パターンを比べることを計画した」

解き方】
ここから言えることはひとつしかないと思います。そう、ⅷの ”The original aim of the work”

「彼女は、研究のため小規模の移動を比べる計画をしていたのです。」ですから、彼女の本来の目的が示されています。

C In December, when the annual rains had transformed the roads into rivers, Hattie was, therefore, more than a little surprised when she checked the data sent by the radio collars she fits to the zebras she is tracking to find the six of the harems were 270km away of the edge of the Makgadikgadi, a huge mineral-rich area where salt has collected over the years as water evaporates in the heat. 
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………….
Even more difficult to understand was what made six of the groups travel so far, while the other five remained by the Okavango. 

「(長い場合は要約しましょう)ここでは、12月になると雨季になり道が川に変わる。そのためHattieは 研究中の発信機をつけたゼブラの群れをチェックした時、6つの群れが270キロ離れた所にいると分かって大変驚いた。…………………………………………………………………………………………………….

さらにもっと理解に苦しむことは、5つの群れが近くにとどまっている中、6つの群れがなぜそんなに遠くまで移動したのかということだ」

解き方】
消去法で上から順番に見ていくと、ここで言えることは、ⅳの ”Some confusing information”
だから彼女は驚き、理解に苦しんだのです。

※トピックセンテンスおよび2文目と最後の2文を読んでもわからない時があります。
その場合は最後に回して、さっと読み、残った選択肢から選びましょう。

② 空欄穴埋め問題

穴埋め問題は、ほぼ同じ段落から出ることが多いので、問題文の内容が記載されているところを見つけていき、その段落をじっくり精読して解きます。内容がいまいちでも単語の言い換えや前後関係から推測して解答を導けるのでここで点数を取っておきたい箇所です。

たまに2段落にまたがったり、離れた段落に答えがあったりする場合もありますが、その場合はきっぱりと捨ててしまいましょう。

【例題2】
Zebra tend to live together in small units, which experts call…………………….. Here,  male zebra has charge of a number of adult …………………..and their  young. These units sometimes assemble in bigger groupings or ………………………, but it is still clear that the zebras’ loyalty only extends to the small unit they live in. 

この部分が書かれているのを本文に戻って探します。「小さな群れの単位」について書いてあるところは Bの段落です。ここでは B の段落だけ読めば全てが答えられるようになっています。
やってみましょう!

解答はこちら

A. “Harems/ mares/ herds/”

③ 選択問題

【例題3】 
1.How did Hattie feel when she heard some of the zebras had traveled so far?

A) Annoyed because she would have to follow them to Makgadikgadi
B) Disappointed that not all of them made it back to Okavango
C) Frustrated as the rains had made the roads unusable
D) Unsure as to their real motivation for going

この選択問題では、問われている内容が書いてある段落を素早く見つけることができるが肝心。上から順に見ていきます。キーワードを探しましょう。Hattieが感じたことです。彼女の感情表現が書いてある段落はどこでしょうか。それぞれ違う動詞を使用しています。

ここでのキーワードは “annoyed 「いらいらする」”, “disappointed「がっかりした」”, “frustrated「フラストレーションがたまる」”, “unsure「とまどう」”。そして、ゼブラの群れが遠くまでいることが分かったことを述べているのはCの段落です。

本文では “This raised the question……what made six of the groups travel so far?” と疑問を問いかけていることから、D「」unsure」の感情が一番適切だと分かります。

.When describing the different Botswana zebra populations, the writer indicated

A) His admiration for the ones who migrate the furthest distance.
B) His sympathy for the ones who stay by the Okavango River
C) His disbelief that those by the Boteti have difficulty finding food.
D) His anxiety that their migration patterns may not be able to continue.

この設問では作者がボツワナのゼブラの群れの数について説明している段落を探します。
“Hattie’s data points to the conclusion that there are several zebra populations adopting different behavior. The first……….”
という段落Eのトピックセンテンスでいくつかのゼブラの群れの数について話しています。

次は、この段落を精読しましょう。

The final group of zebras, whose numbers are more modest, must surely be considered as among animal kingdom’s most remarkable athletes.「最も素晴らしいアスリートだ」という作者の感情が表れています。答えのキーワードは ”admiration「賞賛」”、”sympathy「同情」”、”disbelief「不信」”、”anxiety「不安」”の、どれでしょうか。

解答はこちら

A.「賞賛」

④ True/False/Not givenの問題

このタイプの問題は、IELTS特有の問題と言えます。アカデミックとジェネラルどちらにも頻繁に出題される問題です。「False」と「Not Given」の違いがいまいちわからない方も多いので、こちらの問題形式の対策は別ページで詳しく述べています。下記を参照してください。

IELTSジェネラルリーディングのセクション1と2の対策についても別ブログで説明しています。

IELTS ジェネラルリーディング 【セクション3 対策】まとめ

セクション3はジェネラルでは一番難しいセクションで学術的な長文が出題されます。アカデミック並みに難しくなりますのですべてを読んでいるとタイムオーバーになります。段落は、段落の始めと終わりだけを読んで内容を想定して解いていきます。

確実にできる解答を優先して解きます。不確かで、時間がかかりそうな設問はきっぱり捨てましょう。穴埋めは拾う問題ですので、必ず前後関係の内容から段落を探して答えましょう。捨てる問題と拾う問題に分けて、時間をうまく使い、正答率を高めましょう。

無駄のない効果的な対策を

Metropolitan Academy of English

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!