IELTSとは?IELTSの概要と対策

IELTS の勉強を始めようとしても、IELTS を受験したことがない場合、何から手を付けていいか分からない方がほとんどではないかと思います。まずは、IELTS がどのようなテストか把握することから対策を始めましょう。

IELTSとは?

IELTSとは、(英語名)The International English Language Testing Systemの略称で、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングという4つの技能の英語力を測る試験です。目的に応じて「IELTS アカデミック」「IELTS ジェネラル」の2つのモジュールが用意されています。
IELTS アカデミックは、海外の大学への留学や、日本の大学でも、海外からの進学の場合に提出が求められます。IELTSジェネラルは、英語圏への移民や移住をする場合に必要となります。

日本では、日本英語検定協会とIDP EDUCATION、ブリティッシュ・カウンシルを始めとした複数の機関がIELTSの試験実施を主催しています。コンピュータ試験も導入され、東京と大阪でIELTSテストをコンピューターで受験することができるようになりました。(コンピューター形式の受験はブリティッシュ・カウンシルのみ)

IELTSでは、英語の4技能すべてをテストするため、試験は半日から1日かかります。試験開始はほとんどの場合が午前9時頃で、ライティング、リーディング、リスニングのテストに3時間程かかります。
その後、スピーキングテストが実施されます。スピーキングテストの受験までに大幅に待ち時間が発生する場合がありますので、あらかじめ会場周辺で時間を潰せる場所を探しておくといいかもしれません。

試験結果は、コンピューター受験だと5~7日後にオンラインで発表されます。ペーパーベース(筆記試験)だと、2週間後にオンラインでチェックすることができます。

IELTSの受験料は1回あたり‎‎25,380円となっています。(2021年3月現在)こちらはペーパーベース・コンピューターデリバードどちらも同じ料金です。

イギリスのビザ申請の場合は、IELTS for UKVIを受験しなければならないことがあります。ご自身の進学先や目的(就労・移住など)と、その英語要件を確認して申し込みましょう。IELTS for UKVIの詳細はこちらから。

IELTSの試験時間と問題数

リスニング・スピーキングはアカデミックとジェネラルで共通ですが、リーディング・ライティングは問題の傾向・構成が違います。問題数は同じです。

  • リスニング  約40分(40問)
  • リーディング 60分(40問)
  • ライティング 60分(2問)
  • スピーキング 約14分(パート1, 2, 3)

IELTS 各セクション別の概要(アカデミック)

リーディング

アカデミックリーディングでは2ページ弱(800文字~900文字程度)の長文が3つ出題されます。全部で40問の設問(1パッセージに12~13問)を60分で解いていきます。1パッセージ当たりにかける時間は20分程と、時間との戦いになります。

設問形式は決まっていて、選択問題、穴埋め、TRUE/FALSE/NOT GIVEN (YES/NO/NOTGIVEN)、タイトル付け等の問題が出題されます。動物のリサーチや環境問題などの学術的なトピックについてのリーディング課題です。

リスニング

セクション1-4まで、40問の設問に対して40分で解きます。オーディオは1度しか流れず、聞きながら設問を読み、解答しています。

設問形式は、穴埋め、選択問題、マップ問題等、リーディングと同様、いつも決まっています。セクション1が一番易しく、難易度はセクションが進むにつれて高くなっていきます。リスニングでも記述式なので、穴埋め問題は単語のスペルを正しく書かなくてはいけません。

リスニングの内容は、2人の会話や説明文、講義の聞き取りで、イギリスやオーストラリアのアクセントを主流としています。

ライティング

IELTS アカデミックのライティングはタスク1 とタスク2 に分けられます。試験時間は合計60分です。

タスク1は図表の解析、マップの説明やプロセスマップの手順の説明等、大きく3つに分けられます。タスク1は150語20分で終わらせるように指示がありますが、タスク1,2合わせて60分ですので、時間配分は自由です。

タスク2はエッセイです。250語を40分で書き終わるようにしましょう。エッセイの方が点数の比重が高いと言われているため、タスク2を書き上げる方が得点にはつながりやすいです。

スピーキング

IELTSスピーキングセクションは、試験官と1対1の対面形式で行われます。コンピューター形式のテストでも、スピーキングは対面で行われます。パート1、パート2、パート3に分かれており、合計で14分程のテストです。

パート1は友達、家族、趣味や仕事などの日常的な話題についての質問になります。このパートが一番質問数が多いので、あまり長くならないように注意しましょう。

パート2では、トピックカード(トピックが書かれた紙)を渡され、そのトピックについて1~2分のスピーチをします。
トピックカードを渡された後、準備時間が1分間与えられますので、その時間を有効活用しましょう。トピックカードを見て、箇条書きで何について話すかをリストアップします。
トピックカードには、話す内容のポイント(ガイドライン)が3つから4つ書かれていますが、このガイドラインについて必ずしも話さなければいけないものではありません。ガイドラインだけ話しても2分間続かないことも多々あります。2分間続けるためには具体例を入れ、肉付けしていく必要があります。

パート3はパート2でのスピーチに関する追加的な質問が聞かれます。試験官とのディスカッション形式で、試験官からの質問に対して返答します。パート3ではフルアンサーを求められるので、理由はなるべく2つ、具体例、自分の意見をいれていくよう対策しましょう。

IELTS 各セクション別の概要(ジェネラル)

リスニング・スピーキングはアカデミックと同じ問題が出題されるため、リーディング・ライティングの概要についてご説明します。

リーディング

ジェネラルリーディングは、制限時間60分で合計40問、3つのセクションで構成されます。アカデミックより難易度は低いものの、ジェネラルリーディングはバンドスコア換算される素点が高いので、あまり間違えることができません。

セクション1は広告関連の1ページ程度の短文が2つ。セクション2は、仕事関連の短文が2つ出題され、どちらも1ページ程度の文章です。ジェネラルのスコアは大抵は移民目的で使用されることもあり、セクション1・2については生活に関連したトピックが多くなります。
セクション3は、2ページ程度の様々なトピックの長文が1つ出題されます。

ライティング

ジェネラルライティングも、アカデミックと同様タスク1とタスク2に分けられます。試験時間は合計60分です。

タスク1は手紙を書く課題です。課題によって、フォーマルレターかインフォーマルレターを書きます。タスク1は150語20分で終わらせるように指示がありますが、タスク1,2合わせて60分ですので、時間配分は自由です。

タスク2はエッセイです。こちらはアカデミックと似た課題が出題されます。250語を40分で書き終わるようにしましょう。エッセイの方が点数の比重が高いと言われているため、タスク2を書き上げる方が得点にはつながりやすいです。

IELTS 試験の流れ

IELTSの試験の流れはペーパーベースとコンピューターベースでは違いがあります。

コンピューターベースは世界共通で以下の順番で試験が行われます。
①リスニング ➡ ②リーディング ➡ ③ライティング

試験の開始時間により(午前、午後、夕方)スピーキングは前後します。つまり、以下のどちらかのスケジュールになります。
①スピーキング ➡ ②リスニング ➡ ③リーディング ➡ ④ライティング
①リスニング ➡ ②リーディング ➡ ③ライティング ➡ ④スピーキング

日本でのペーパーテストは以下の順番ですが、会場によってはスピーキングの試験を別の日に予約することもできます。
①ライティング ➡ ②リスニング ➡ ③リーディング ➡ ④スピーキング

IELTS試験直前・当日の過ごし方はこちら
IELTS試験直前対策とIELTS試験当日の注意事項

IELTSの評価スケール

アイエルツの評価スケールは0から9のバンドスコアで計られます。

ほとんどの場合、大学進学にはIELTS アカデミックの6.0以上、大学院進学には7.0以上が求められます。ご希望の大学や進学先から要求されるスコアを確認して対策を取りましょう。全体(Overall)のスコアだけでなく、各セクションごとの要件が設定されている場合も多いです。

移民の場合は、カナダではIELTS ジェネラルの6.0以上が求められますが、IELTSのスコアが高ければ高いほど移民申請に有利だと言われています。こちらも国によって要件が違うため、対策を始めるまでに把握してかなくてはなりません。

以下は、素点(表下段)ごとのバンドスコアを表したグラフです。

IELTS リスニング

Band Score98.587.576.565.554.543.532.5
Score /4039-4037-3835-3632-3430-3126-2923-2518-2216-1713-1510-128-106-74-5

IELTS アカデミックリーディング

Band Score98.587.576.565.554.543.532.5
Score /4039-4037-3835-3633-3430-3227-2923-2519-2215-1813-1410-128-96-74-5

IELTS ジェネラルリーディング

Band Score98.587.576.565.554.543.532.5
Score /40403937-383634-3532-3330-3127-2923-2619-2215-1812-149-116-8

以下は、バンドスコアごとの英語能力を説明した表です。
バンドスコアについての詳細は、こちらのページでご確認ください。
IELTS スコア【バンドスコア 換算とスコア 採点方法】

Band スコア 9.0エキスパートユーザー十分に英語を駆使する能力を有している。適切、正確かつ流暢で、完全な理解力がある。
Band スコア 8.0-8.5非常に優秀なユーザー時折、不正確さや不適切さ不規則にみられるものの、十分に英語を駆使する能力を有している。慣れない 状況においては、誤解が生ずることもありえる。複雑で込み入った議論に対応することができる。
Band スコア 7.0-7.5優秀なユーザー時折、不正確さや不適切さ、誤解が生ずる可能性もあるが、英語を駆使する能力を有している。概して複雑な言語も上手く扱い、理解しており、厳密な論理に従って物事を捉えることができる。
Band スコア 6.0-6.5有能なユーザー不正確さ、不適切さ、および誤解がいくらか見られるものの、概して効果的に英語を駆使する能力がある。特に、慣れ親しんだ状況下では、かなり複雑な言語を使いこなすことができる。
Band スコア 5.0-5.5中程度のユーザー部分的に英語を駆使する能力があり、ほとんどの状況で全体的な意味をつかむことができる。ただし、多くの間違いもある。自身の精通した分野においては、基本的なコミュニケーションを行うことができる。
Band スコア 4.0-4.5限定的ユーザー慣れ親しんだ状況においてのみ、基本的能力を発揮することができるが、理解力、表現力の問題が頻繁にみられる。複雑な言語は使用できない。
Band スコア 3.5非常に限定的なユーザーこれが実際に使用される最低スコアと考えてよいかと思います。

目標スコアごとの IELTS 対策計画

IELTSの受講料は税込25,380円と、決して気軽に何度も受けられる値段ではありません。対策を始める前に、目標スコアを確認し、受験日を決めておきましょう。

働きながら試験対策を行う場合、1週間にどれだけ勉強時間を確保できるかを計算しましょう。IELTSはスコアを0.5上げるのに200から300時間かかると言われているため、現在の英語力と目標スコアの道のりを計算して期間を決めます。勉強を習慣化させてコツコツ行うことも大事ですが、モチベーションを失わないように明確なゴールと道のりを決めた方が良い場合もあります。自分の学習スタイルが短期集中派であれば、明確なゴールと試験日を決めましょう。

IELTS 対策と効果的な勉強法

それでは、IELTSはどこから対策すべきでしょうか?

まずは、英単語やイディオムを覚えて、語彙を増やすことが大切です。語彙力はIELTSの全てのセクションで求められます。まずはリーディングの練習、語彙の強化、文法の復習など、インプットから始めましょう。IELTSでは言い換え表現が多く見られるため、同義語や類義語も覚えておきます。言い換え表現は、リーディング・リスニングだけでなく、ライティング・スピーキングといったアウトプット科目でも求められます。

基礎英語力がついたら、IELTS対策本を使用し、IELTSの傾向や設問タイプに慣れましょう。
IELTS対策本と効果的な勉強法

アプリでの学習もおすすめです。
おすすめIELTS対策アプリ 6選

モチベーションをキープするためには、英語の学習を習慣化してしまいましょう。勉強する時間を固定するのもおすすめです。習慣化すれば、モチベーションにかかわらず勉強に取り組めます。

IELTSのスコアを1.0上げる勉強法は?

IELTSの総合スコアを1.0上げるのには、約3カ月かかると言われていますが、IELTSのスコアを5.0から6.0に上げることはさほど難しいことではなく、IELTSに特化した試験対策と、英語基礎能力を高める勉強法、つまり語彙の強化、文法のおさらい、リスニング強化対策(シャドーイングとディクテーション、リテンションの練習)を組み合わせていくことで短期でも目標スコアに達することは可能です。

IELTSのスコアは、6.0→7.0にすることが最も難しいと言われています。まずは、しっかりとした対策を取り、IELTSの試験に臨みましょう。一発で合格点を取れる人は少ないことを念頭に入れてください。試験の環境になれていない、緊張してしまう、など、本来の実力を発揮できないことを避けるため、余裕をもって望むことが必要です。

IELTSのスコアごとの目安について
IELTS 5.5で要求される英語力とは?スコア5.5の難易度と対策
IELTS 7.0を目指す!スコア7の難易度と対策

セクション別の勉強法については下記のIELTS対策ブログを参照してください。