IELTSリスニング|網羅すべき頻出単語

知っておくべきIELTSリスニングで頻繁に使用される単語

IELTSの試験ではどのセクションにおいても語彙力を高めることは必要不可欠です。
語彙力が乏しければ問題で何を問われているのか理解できず、ライティングやスピーキングのセクションでは自分が伝えたいことを表現できません。

IELTSで使われる単語はごまんとあり、必要な単語数は、6,000語~12,000語と言われています。
単語をなんとなく読め意味を理解できたとしても、そのスペルが書けなかったり発音が解らず聞き取ることができなければ、正しい解答ができません。
毎日新しい単語を20個暗記する、など目標を掲げて実践できれば理想的でしょう。しかし、これだけ多くの英単語を毎日暗記しようとしても、かなりの時間、期間を要し気が遠くなることも少なくありません。
そんな中、IELTSリスニングではよく使われる頻出単語というものがあり、文字通り、IELTSリスニング試験において頻繁に用いられる単語を指します。
頻出単語は、試験本番でも出てくる確率は高いので暗記しておきましょう。

セクション1の頻出単語

セクション1は他のセクションと比べて比較的易しく、電話での問い合わせなど基本的な日常会話になります。
出題される単語も身近なものになりますが、問題は必ずしもA,B,Cなどの選択問題とは限らず、空欄を埋める形式もあるためスペルを正しく書けなければ不正解となります。
下記では、セクション1に登場する頻出単語になります。

曜日・月・季節

Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday, Saturday
January, February, March, April, May, June, July, August, September, October, November, December
winter, spring, autumn, summer

意外と多いのがこれらのスペルを書き間違えて不正解になる事です。
一旦何も見ずに紙に書いてみてください。
月に関しては、”r” と “l” を混合させない事。しっかりと書けるように練習しましょう。
正解が解っていても正しく書けなければもったいないですよね。

図形

circle(円), square(正方形), rectangle(長方形), triangle(三角形), cylinder(円柱), oval(楕円形)

「Times Square」といった固有名詞としても使われる場合もあります。

数字・時間・通貨

セクション1では、数字を使った問題はよく出題されます。
解答欄には、アルファベットではなく1,2,3といったアラビア数字を使うことでスペルミスを防ぐことができます。

・One hundred ninety-nine dollars → $199
一方で、15(fifteen)と50(fifty)といった発音が似ているものは、聞き間違えないように注意しましょう。
ストレス(強く発音するところ)の位置が異なります。
ざっくり言えば「ティーン」か「ティ」の違いになりますので、一度ネットで検索して音声を確認してみるとよいでしょう。

red(赤), orange(オレンジ), yellow(黄色), green(緑), blue(青), purple(紫), white(白), black(黒), brown(茶色)

カラーの単語にはColourcolorの2つのスペルが存在します。アメリカ英語かイギリス英語かの違いなので、どちらも正解ではあります。

動詞

suggest(提案する), develop(開発する), borrow(借りる), persuade(説得する), discuss(議論する), review(見直す), concentrate(集中する), crash(衝突する)

動詞の時制には気を付けましょう。

形容詞

beautiful(美しい), necessary(必要な), fantastic(素晴らしい), comfortable(快適な), convenient(便利な), wonderful(素敵な), terrible(酷い), temporary(一時的), permanent(永久的な), knowledgeable(知識がある), various(様々な), exciting(刺激的な), boring(退屈な), difficult(難しい), easy(簡単な)

例題】

▼スクリプト
Q1 It’s free the week beginning the 28th…
Q2   £550 for the week.
Q3 Well, we’ve just finished converting another building into a cottage, which we’re calling Chervil Cottage.
Q4 The building was built as a garage.
Q5 Yes, you get to it from the living room through French doors,
Q6 , and parking isn’t a problem – there’s plenty of room at the front for that.

セクション2の頻出単語

セクション2では、一人のスピーカーによる日常的なスピーチになります。選択問題やマッチング問題、地図問題と様々な問題タイプがあります。地図問題に関しては、方角や場所を説明する頻出単語がよく使われるのでぜひおさえておきましょう。 

施設

kitchen(キッチン), bathroom(浴室・お手洗い), bedroom(寝室), living room(リビング), dining room(食堂), lounge(ラウンジ), library(図書館), gymnasium (gym)(ジム), reception(受付), ticket desk(券売所), storage room(倉庫), theatre(劇場),museum (博物館)

方向・位置

North(北), South(南), East(東), West(西), straight(真っすぐ), across from(~の向かいに), diagonal(対角線), corner(角), opposite(反対), adjacent to(~隣接した), near(近く)bend (カーブ)

地図問題では、どこを指して話しているのか場所を追っていく必要があるので、すぐに対応できるようになりましょう。

場所・物

tennis court(テニスコート), courtyard(中庭), laboratory(実験室), road(道), path(小道), traffic lights(信号機), bench(ベンチ), swimming pool(スイミングプール), garden(庭), bookshop(書店), kindergarten(幼稚園), castle(城), parliament(国会・議会), car park (駐車場)

動詞

turn(回転させる・方向を変える), move(動く), continue on(進み続ける), walk(歩く), cross(渡る・横断する), pass(通る・通過する), end(終わる), stop(止まる), go straight ahead(真っすぐに進む・直進する)

例題】

▼スクリプト
Q15 it used to be close to the south gate, but it’s now immediately to the north of the lily pond, almost in the centre of the park, 
Q16 There’s a new area of wooden sculptures, which are on the river bank, where  the path from the east gate makes a sharp bend. 
Q17 The playground has been enlarged an improved, and that’s between the river and the path that leads from the pond to the river.
Q18 That’s near the west gate – you go north from there toward the river and then turn left to reach it.
Q19 They’re still in the south-west corner of the park, where there’s a right-angle bend in the path.
Q20 This is right next to the lily pond on the same side as the west gate.

セクション3の頻出単語

大学のグループ課題に関して数人で話し合う会話を聞きます。セクション3になると急にアカデミックな内容になるので、扱う単語も難しくなります。学術的な語彙を増やしましょう。最低でも下記の頻出単語は網羅する必要があります。

学校に関する用語

university(大学・総合大学), college(大学・単科大学) presentation(プレゼンテーション), project(プロジェクト), pairs(ペア), organisation(組織), outline(概要), proofreading(校正), deadline (締め切り), commencement (開始),experiment(実験), reference(参照), lecture(講義), tutor(家庭教師・個別指導教員), attendance(出席), specialist(専門家), knowledge, faculty(学部), bachelor’s(学士), master’s(博士), schedule(スケジュール), management(管理), leadership(リーダーシップ), questionnaire(アンケート), statistic(統計), assessment(評価), revision(改訂), pass(合格), fail(不合格), supervise(管理する), supervisor(監督者), assess(評価する), degree(学位), certificate(修了証書)

教科

Mathematics (Maths)(数学), Science(科学), English(英語), Physical Education (PE)(体育), Art(美術), Music(音楽), Geography(地理), Biology(生物), Chemistry(科学), History(歴史)

専攻科目

Commerce(商業学), Psychology(心理学), Engineering(工学), Sociology(社会学), Medicine(薬学), Architecture(建築学), Law(法学), Philosophy(哲学), Economics(経済学), Education(教育学), Archaeology(考古学), Literature(文学), Agriculture(農学), Anthropology(人類学)

例題】

▼スクリプト
Q25 Let’s use people from a different department. What about history? Yes,
Q26 But in this case, paper might be better as they’ll be doing it straight after they wake up…
Q27 Right. And we’ll have to check the ethical guidelines for this sort of research. Mm, because our experiment involves humans, so there are special regulations.
Q28 There’s a whole section on risk assessment, and another section on making sure they aren’t put under any unnecessary stress.
Q29 that’s time sleeping and number of dreams and then present our results visually in a graph.
Q30 And the final thing is to think about our research and evaluate it. 

セクション4の頻出単語

IELTSリスニングセクション4は、最も難易度が高いセクションと言われ、一人のスピーカーによるレクチャーを聞きます。何人かで話すグループ会話とは異なるので、音声をよく聞いて話の過程を追っていく必要があります。
幅広い分野になるため頻出単語も多くなりますが、覚えておいて損はないでしょう。

健康

vegetarian(菜食主義者), vegan(完全菜食主義者), healthy(健康な), leisure(余暇), disease(病気), food pyramid(食物ピラミッド), vitamin(ビタミン), protein(タンパク質), carbohydrates(炭水化物), exercise(運動), treatment(治療), remedy(治療薬) , obese(肥満), overweight(太り過ぎの), fit(ふさわしい・健康な), check up(健康診断), medicine(薬) , pandemic(世界的大流行), virus(ウイルス), cure(治療する), vaccination(予防接種)

動物と生息環境

mammals(哺乳類), reptile(爬虫類), primates(霊長類), predators(捕食者), prey(獲物), island(島), pond(沼), stream(小川), endangered(絶滅危惧種), species(種類)

環境、災害

global warming(地球温暖化), disaster(災害), earthquake(地震), tornado(竜巻), blizzard(猛吹雪), hurricane(台風), pollution(汚染), temperature(温度), drought(干ばつ), flood(洪水), cyclone(低気圧), volcanic eruption(火山噴火), deforestation(森林伐採), desertification(砂漠化), bush fires(山火事), erosion(侵食)

政治

politics(政治), government (政府), leader(指導者), politician(政治家), senator(上院議員), mayor(市長), regulations(規則), senate(上院), president(大統領), society(社会), individual(個人), council(地方議会

エネルギー

nuclear(核), coal(石炭), hydro electrical power(水力発電), natural gas(天然ガス), solar power(太陽光発電), source(元・源), generate(発電), electricity(電気・電力), dam(ダム), windmill(風車), wind turbine(風力原動機), renewable(再生可能な), non-renewable(再生不可能な)

その他の頻出単語

appointment(予約), cooperation(協力), employment(雇用),  exhibition(展示), occupation(職業), century(世紀  *100年), decade(10年), millennium(1,000年), creativity(創造性), guarantee(保証), satellite(衛星), opportunity(機会), licence(免許), frequently(頻繁に)

例題】

▼スクリプト
Q31 For example, it gives shelter to creatures like birds and bats, and these and other species also depend on it for food…
Q32 ,because we can kill germs with a disinfectant made from oil extracted from eucalyptus leaves.
Q33 …which was being used in the construction of roads.
Q34 What happens is that insects settle on the leaves and eat their way round them….

IELTSリスニング頻出単語のまとめ

IELTSリスニングは、セクション数が進むにつれてアカデミック内容になり難易度も上がっていきます。選択問題だけではなく穴埋め問題もしばしば出題されるので、単語のスペルミスは許されず、また幅広い語彙力を養わなければなりません。
IELTSリスニング試験において、頻繁に使われる頻出単語というものがあります。最低でもこれらの単語は暗記しておくことをおススメします。 

オリジナル単語帳でバッチリ

Metropolitan Academy of English

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!