IELTS リスニング┃マッチング問題のコツ

IELTS リスニングのマッチング問題の対処法

マッチング問題とは、リスニングの音声で聞いた内容に従って、各項目に当てはまるものを複数の選択肢から選ぶ問題です。

マッチング問題では、日常的な会話の中で、内容理解と詳細を聞き取るスキルが試されます。言い換え表現されていることがほとんどですので、語彙の広さも試されます。

あらかじめ記載されている情報(例えばプラン名や人名、宿泊施設の種類等)について、内容が一致するものを選択肢から選ぶ問題ですので、問題文の把握は重要なポイントになります。


【例題1】

ここでは、スキーコースについてそれぞれ質問されています。
20秒~30秒の準備内に選択肢に先読みし、目を通しておく必要があります。

17: Highland Trail

リスニング部分 ➡ “Highland Trail’s directly accessible from where we are now. This trail’s been designed to give 
first-timers an experience they ‘II enjoy regardless of their age or skill but it’s also ideal for experts to practise their technique”

解説】
上記のリスニング部分の ”it’s also ideal for experts to practice their technique”から、”It demands a lot of skills”にしないこと。キーワードは “also”ですので、初級もオッケーと言えます。 ですから、”Highland Trail” は「初級者から上級者までスキルを問わず適している」ということになります。答えはBの “It’s suitable for all abilities”。必ず言い換えられていますのでご注意を。
その他の選択肢の内容については一切言及していません。
言及している時もありますが、その場合はどれが正しい情報かを見極める必要があります。

18: Pine Trail 

リスニング部分 ➡ “Then there’s Pine Trail … if you’re nervous about skiing, leave this one to the experts! You follow a steep valley looking right down on the river below – scary! But if you’ve fully mastered the techniques needed for hills it’s great fun.”

解説】
Pine Trail はエキスパートに適していると言っています。とても急な斜面です。ここが分かれば
回答はDの“Its demands a lot of skills”になります。”demand”は「必要とする、要する」という意味がありますよね。 

選択問題なので、確実に正解だと思われる選択肢を選び、消去していきましょう。そうすると、その後の解答の正解率を高めることができます。しかし、不確かな時は絶対に消去しないこと。選択肢をオープンにしておいて、最も適切なものを後から選びます。

リスニングの上達には、アクティブリスニングの練習をすることをお勧めします。
どのようなリスニング教材でもいいので、シャドーイング、リテンション、ディクテーションをやってリスニング力アップにつなげましょう。

19:Sony Trail 

リスニング部分 ➡ “Stony Trail’s a good choice once you’ve got a general idea of the basics. There are one or two tricky sections, but nothing too challenging. There’s a shelter half-way where you can sit and take a break and enjoy the afternoon sunshine.“

解説】
ここでは、迷う選択肢、”It has very narrow sections” があります。”There are one or two tricky sections”と勘違いする方がいますが、その選択肢よりも確実に言えることは、”shelter” があるので休めるということ。”It has good place to stop and rest” は “you can sit and take a break” に言い換えられています。しかしながら、このように適切な選択肢がない場合は、”There are one or two tricky sections”が回答になる場合も考えられます。”tricky”「慎重を要する」とは、”narrow” 「狭い」よりも大きな意味を表しますから、慎重を要する場所=狭い場所とも言えるからです。

20: Loser’s Trail 

リスニング部分 ➡ “And finally, Loser’s Trail. This starts off following a gentle river valley but the last part is quite exposed so the snow conditions can be challenging – if it’s snowing or windy, check with us before you set out to make sure the trail’s open that day .

解説】
ここでの注意点は、”river valley”と言っているからといって、反射的に “it involves crossing a river” にしないこと。自分で想像から回答を導くことは絶対にしないこと。常識的に考えて、「スキーのコースで、川を渡らなければいけないコース」はあまりないですよね。”expose”は「天候(風雨や太陽)にさらされた」と考えましょう。つまり、天候の影響を受けやすいという意味です。
雪が少ない → “tricky” と考えないように。
“snow conditions can be challenging” を誤って「雪のコンディションが能力を試すかもしれない、挑戦的であるかもしれない」のように訳して、”it’s demands a lot of skills”を選ばないようにしましょう。
ここでは、「雪の状態が厄介な場合がある」という意味です。そして次の文章の、「そのコースが開いているか確認してください」という文章につながってきます。

IELTS リスニングのマッチング問題対策まとめ

  • マッチング問題では、確実に言えることを選択し、消去法を活用する
  • 自分が想像して選ぶ解答はないので、聞こえた範囲内で答える。考えすぎは禁物!
  • 多義語の単語は文脈から意味を取る
  • 言い換え表現は常にチェック

セクション別対策の可能

Metropolitan Academy of English

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!