IELTS ライティング【アイディアが思いつかない時の対処法】

IELTS ライティングのアイディアを出すコツ

IELTS ライティング タスク2のエッセイで、アイディア出しに多くの時間を費やしてしまう方がいらっしゃいますが、ライティングのタスク2で高得点を取るには、ユニークな考え方は必要なく、一般的なアイディアをしっかりと事実でバックアップすることが大切です。 

最近のライティングのタスク2は、アカデミック・ジェネラルモジュールどちらも社会問題についてのテーマが多いので、今の社会問題と関連付けて考えると思いつきやすく、ちょっとしたアイデアが浮かんできます。最近の社会問題に疎い方は日頃からニュースなどを見るようにしましょう。国内ニュースですと日本だけに当てはまることも多くなってしまうので、世界的なニュースを知りましょう。IELTSの課題はイギリス、オーストラリア、米国、カナダなどで現行している、もしくは慣習的な社会問題を多く取り上げています。

では、 Advertisement (広告) というテーマに関するアイデアや表現、topic 別単語について考えてみます。

IELTS Academic 15-3 Task 2からの抜粋

Some people say that advertising is extremely successful at persuading us to buy things. Other people think that advertising is so common that we no longer pay attention to it.

Discuss both these views and give your opinion. 

IELTS ライティングのアイディアを考える手順

①最近の社会現象に結び付けて考える(出題の背景を考える)

最近では、Google 広告に加え、インスタグラムなどのソーシャルネットワーク上での広告がマーケティング戦略として主流になりました。いつでもどこでも見かけるようになってきて、消費者としてはうんざり、ということも。この社会現象を背景として、最近の広告は人々の注意を引き、物やサービスを買わせることに非常に効果的であるかどうかを聞かれているエッセイです。

※ライティングの課題でコロナ(cpvid 19) の事に関連づけて説明する必要はありません。特別な異常事態を想定せず、普段の現代社会で起こりうる傾向を言及するようにしましょう。

②賛成・反対意見を考える

ライティングのアイデアを出す時は、賛成・反対両方の立場の意見を考えるようにしましょう。直感的に選んだ立場だけで考えても、アイデアが行き詰まることもよくあります。

アイデアを挙げる時は、自分の主張のキーワードになる単語をあえて英単語で書くと、実際のエッセイライティングの際に、ポイントを見失いにくくなります。

 FOR
 ー 賛成意見を考える
 広告は非常に有効である例 

  • テクノロジ―の発達により、魅力的かつ洗練されたインパクトのある 広告(動画、イメージを含む)を作ることができる
  • クッキーなどのブラウザトラック機能を使い、消費者の興味のある商品や購入履歴の商品がわかる
  • 人々の目につく場所に広告を配置することができる
  • 広告をスキップすることができない
  • 心理的効果を取り入れた広告を巧みに使用している
  • 「STALKER ADS」とも言われるようにチェックした商品がどのページを開けても追従してくる
  • 紙媒体とは異なり、手軽にそして自身のタイミングで広告を出すことができる

 AGAINST ー 反対意見を考える
 広告はどこにでもありすぎて消費者は気にしない例

  • あまりに多くの広告が出てくるので、何を見たかすぐに忘れてしまう
  • ポップアップブロッカーや、クッキーを消去する、自動再生にしないなど、消費者側がなるべく広告を表示しないようにすることができる
  • 消費者は、会社がお金を払って広告枠を買っているという認識が広まり、頻繁に出てくる広告が決していい商品ではないこと知っている
  • いかに広告でありふれているとしても、広告をみて買う人が少なくなった
    →逆に顧客のフィードバックなどに影響されて購入する人が多い
  • 何かをしている最中に広告が出てくるので「うざい」と思うことが多くなった

③最近の広告に関わる英語のニュースを抜粋する

英語の新聞記事や、ニュースサイトで使われている表現は、エッセイライティングに非常に役立ちます。

  • advertising is often for products and services that consumers are not really looking for
  • a lot of advertisements can create artificial buying desire  
  • because of the image of power, success and glamour  associate with products and services, people often buy them
  • children are easily influenced by adverts and attractive images
  • the ultimate purpose of advertising is to persuade people to buy things
  • adverts help people save money by letting them know about bargains and sales.
  • people today can compare different brands and features easily
  • busy life style can make people more rely on advertising to learn about new products. 
  • advertisements about environmental impact of products can give a good impression on consumers. 

④TOPIC別単語を考える

テーマに合う英単語を書き出してみましょう。下記はさまざまな広告の影響についての記事でよく使われている用語です。

  • persuasive ads/adverts/advertising
  • behavioral advertisements
  • targeted ads 
  • stalker ads 
  • stimulate consumer’s buying desire
  • psychological effect
  • celebrity endorsement
  • traditional marketing strategy
  • multiple ads  for different social groups
  • social network ads (Instagram/Facebook etc.) 
  • Media exposure 
  • showcase 
  • informed decision
  • artificial wants

⑤書きやすいアイデアを1つか2つピックアップして、それに絞って書く

1つのボディーに3つ以上のアイデアを書いてしまうと、トピックの内容が薄れてしまいます。アイデアは1つか2つに絞って書くことが大切ですひとつのエッセイの中で、色々なアイデアについて触れてしまうと、一番重要なメインのアイデアが分かりづらく、説明不足になりがちです。必ずアイデアを絞って、その詳細と例を入れて書くことを心がけましょう。特にIELTSのライティングは250文字で書くことが求められます。250文字は1ページはさほど長いエッセイではありません。あれこれ書くことができないと考えてメインのアイディアを掘り下げて考えましょう。

まとめ

IELTS ライティングのアイデアを練る時は、必ず最近の社会情勢を考え、事実や最近使われている関連用語を入れるようにしましょう。社会問題に疎い場合は、世界ニュースをいつもチェックする、IELTSの頻繁ライティング例題を見てみるなどして考えを持ちましょう。いくつかアイデアが出る場合は、1つか2つに絞ることが大切です。

ライティングに強いMAE

Metropolitan Academy of English

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!