IELTS スピーキング┃仮定法でスコアアップ

仮定法を取り入れた表現やフレーズを使用して高得点につなげる

IELTS スピーキングでよりスコアアップにつながる秘訣のひとつに、仮定法(仮定法過去や仮定法過去完了)を活用したフレーズを使用することが挙げられます。

実際のスピーキングの試験で仮定法を使う機会はたくさんあります。特にパート3のスピーキングで活用しましょう。また、” if “ を使って話を発展させることができるので、話に詰まった場合はとっても有効的です。そのためにはしっかりと仮定法のルールを押さえておきましょう。

仮定法がシッカリと使えることを試験官にアピール

複雑な文法表現やフレーズを取り入れることは高得点をとるための秘訣でもあります。仮定法とは単文(主語・述語の関係が1回だけで成り立っているもの)とは違って複文と言われます。

 複文とは、”if”, “while”, “although” などの従属接続詞を使った文のこと。その中でもスピーキングに効果的なのは、”if” を使用した条件節や、物事を仮に想定する仮定法を用いること。またこのようなフレーズを使用して、話を発展させることができます。

では「仮定法」とは何でしょうか。

仮定法とは “if” を使った文章のことで、3つの種類があります。

1.現実に起こりうる事 <条件節>
2.現実に起こりえない事を仮定する<仮定法過去>
3.過去の事実に反する事を仮定する<仮定法過去完了>

1.ただの条件節 – 現実のこと(現実に起こりうること)を言う
  
例)If it rains tomorrow, I will stay home.
  if 節の中の動詞は未来のことでも現在形を用い、主節には “will” や “may” などの助動詞の原形が入ります。

if + 主語+動詞の原形、主語+will + 動詞の原形で表します。

2.実際はそうでないこと(現実と異なること)を仮定する仮定法過去「もし~なら、~だろうに」 

例)If I were a man(woman), …
  if 節の中は動詞の過去形を使って、それが現在の事実の仮定であることを表現します。
  
※本来現在形になるところを時制をひとつずらして過去形にする、と覚えてください。

例)If I were a bird, I could fly to you.
  主節には助動詞の過去形(would, might, could)を使います。

if + 主語+動詞の過去形、主語+would + 動詞の原形で表します。

3.過去の事実と異なることを仮定する、仮定法過去完了「もし~だったなら、~だっただろうに」

  過去の事実と違うことを表すには、if節の中は過去完了形(had+動詞の過去分詞形)にします。
  ※本来過去形になるところを時制をひとつずらして過去完了にする、と覚えてください。
  
例)If I had studied harder, I would have got a higher score.

if + 主語+had+動詞の過去分詞形, 主語+would +have + 動詞の過去分詞形で表します。


例)   If I had left 5 minutes earlier, I would not have missed the meeting.
  もし5分早く出ていたら、ミーティングに遅れることはなかっただろうに。
  ⇒現実には、5分早く出ていないので、ミーティングに遅れた。

例) I could not have come home if I had missed the last train.
  もし私が最終電車に乗り遅れていたら、私は家に帰ってくることはできなかっただろう。
  ⇒現実には、最終電車に乗れたので家に帰ることができた。

仮定法過去完了を使用するフレーズや表現を取り入れることはハードルが高いかと思いますが、条件節や仮定法過去を普段から練習して使えるようにすると、表現力がアップして得点につながります。複雑な分法表現を取り入れることは高得点を取るための必須条件と言えます。

IELTS スピーキングでの仮定法表現を使った解答例

1.条件節

【例題】

Some people say that working from home will be quite common in the future. Do you agree?

 【回答】

More people will work from home in the future. If the internet becomes faster and there are more programs, such as Skype, that will allow people to work from home more easily.


2.仮定法過去

If I’d done business studies, I would have made a lot more money by now.

I think I’d have stayed abroad if I hadn’t decided to go to drama school.

If I’d stayed in the travel business, I think the whole family would have suffered from the pressure of my job.

We’d be a lot richer now if I hadn’t left my old job.

IELTS スピーキングの質問自体が仮定法過去の場合があります。この場合がしっかりと仮定法過去であることを把握して、would, could などを回答に取り入れる必要性があります。

【例題】

If you could choose any country to live in, where would you choose?


回答例】

If I could live in any country, I would probably choose Australia. The weather is great; the people are super friendly and just imagine living beside all those beaches. If I could choose another country, it would have to be Italy, for the architecture, the culture and its fascinating history.

【例題】

What would life be like if people didn’t have to work? 

【回答例】

If you asked me that question 5 years ago, I wouldn’t have had a good answer for you. Sure, I knew that I didn’t want to be a computer engineer forever. However, I don’t really know what I would do for the rest of my life if I didn’t have to work.

 

仮定法でスコアアップのまとめ

IELTS スピーキングでは「条件節」、「仮定法過去」、「仮定法過去完了」などの複雑な文法表現やフレーズを取り入れることでスコアアップに繋がります。また、話が詰まった時に仮定法を使用して、話を広げることもできるので絶対覚えたいフレーズです。

スピーキングスコアアップを目指すなら

Metropolitan Academy of English

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!