自宅でIELTS受験!IELTS Onlineについてと当日の流れ

IELTS Online (アイエルツ オンライン)とは?

IELTS Onlineの概要

ELTSアカデミックテストをオンライン化したもので、自宅から受験することができます。通常のIELTSアカデミックテストは指定会場でコンピューターもしくはペーパーで受験する必要がありますが、オンラインテストは時間や場所をより自由に選ぶことができます。また、試験内容はこれまでのIELTSアカデミックのペーパーやコンピューターテスト同様、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能全てをカバーできます

ただし、受け入れられている機関は限られているので、ご自身の希望進学先がIELTSオンライン版のスコアを受け入れているかどうか、受験前に確認しましょう。スコアリポートには「IELTS Online 」記載されますので通常のIELTSのスコアリポートのように見えますが判別ができるようになっています。

日本でも2022年7月1日から進学目的でIELTSのスコアが必要な方々を対象に、自宅でIELTSの試験を受けられるサービスとして開始されました。

今回はカナダからIELTS Onlineを申し込んだ場合のお申込み方法などをお届けします。
日本在住で日本国内からお申込みをする場合、料金の通貨や見え方が変わってくることもありますので予めご了承くださいませ。

IELTS オンライン版の概要
  • 自宅で受験可能
  • 進学を目的としたスコア取得のためのサービス
  • General Training(ジェネラルモジュール)は対応していない
  • 一部の大学や教育機関にのみ有効
  • 3日から6日で結果が出る
  • 価格はUS$211.22(2024年4月8日現在)
  • 日本ではIDPテストセンターのみが提供している

IELTS Online 注意事項

  • 日本で2022年7月1日~運用が開始された新しいサービス
  • 自宅で受験可能
  • 進学を目的としたIELTS Generalのみの対応で、IELTS General(移民用など)には対応していない
  • 一部の大学や教育機関に提出可能。受け入れられている機関は限られているので、ご希望の機関や進学先へは、受験前にしっかりご自身で確認を。(場合によっては受験をし直す必要性も出てきます。)
  • お問合せは専用窓口(ieltsonline@idp.com)へメールで英語対応のみ

実施状況

IDPのウェブサイトからテストを申し込みますが、試験の頻度は頻繁に行われており、午後、午前と幅広く選ぶことができます。日によっては夜の時間帯も選択可能。試験は2日間で実施され、1日目がスピーキングテスト、2日目がリスニング、リーディング、ライティングテストとなります。2日間連続で受験する必要があります。ウェブサイトはすべて英語で表示されていますが、テスト時間などは受験者のロケーションを自動検索して示してくれます。

受験に適した環境

  • インターネット接続が可能で明るく、静かに集中して出来るプライベートな場所であれば自宅でなくても受験が可能
  • 他人やペットが周りにいる環境は、試験の妨げになる可能性があるので好ましくない
  • 適切なソフトウェアとハードウェアが完備されたノートパソコンまたはデスクトップパソコンが必要
  • スマートフォンやタブレットでの受講は不可
  • マイクとカメラは試験中は常時ONにしておく必要があるため、マイクとカメラが適切に作動するノートパソコンやデスクトップを用意
  • ヘッドホンの使用は禁止、パソコンのモニターも1台まで
  • 時計・電子機器、メモ用紙・鉛筆、参考資料、食べ物、カバンなど許可がされていないものは全てテスト部屋から撤去
  • 水のみ透明な容器に入ったものであれば現状は許可
  • 受験時には有効なパスポートが必要 (顔写真ページの写真を撮るため)

お問い合わせ先は、直接IDPの団体にメールで連絡を取ります。英語対応のみとなりますのでご注意ください。

また、以下のコンピューターシステムチェックも確認ください。(以下IDPのサイトより参照)

  • Macバージョン10.15以上
  • 64ビットプラットフォームのWindowsバージョン10、11
  • 2011年以降のCPU(Intel Sandy Bridge以降)、SSE 4.2対応
  • 2コア以上のCPU、4コア以上のCPUを推奨
  • OpenGL 2.0グラフィックドライバ
  • 2GB以上のRAM、4GB以上のRAMを推奨
  • 75MBの空きストレージ
  • 以下のブラウザのいずれかにアクセス可能なこと:Google Chrome、Apple Safari、Mozilla Firefox、Microsoft Edge
  • 0.6Mbpsのアップロードおよびダウンロード速度
  • Inspera Exam Portal (IEP)をダウンロードし、いくつかの事前システムチェックを行う必要があります

オンライン版のテストでは、人間と人工知能(AI)の両方を使用して、遠隔で試験監督を行います。テストを受けるには、IELTSオンラインのプラットフォームであるInspera Exam Portal (IEP) ソフトウェアは、必ずインストールする必要があります。メールにてソフトウェアダウンロードのリンクが送られますので、受験日の前日までには、必要なソフトウェアをダウンロードし、問題なく作動することを確認するようにしましょう。当日はこのソフトウェアのポータルにアクセスして試験が開始されます。

テストが開始されると、ブラウザはロックされ、テストプラットフォームの「Inspera Exam Portal」以外にはアクセスできなくなります。また、テスト中は監視されているため怪しい行動はとらないようにしましょう。

テスト形式

リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングは通常のIELTSアカデミックと同一のテストです。
スピーキングも同じく14分でテスト内容は一緒です。スピーキングは、オンライン上のビデオコーリングで行われます。試験時間はIELTSアカデミックと同様に、スピーキングを含め約3時間(2時間45分筆記、スピーキング約14分)のテストです。スピーキングのみ別日で予約をする形となります。

IELTSオンライン受験申し込み方法

IDとしてパスポートと受験料を準備してください。登録はIDPのウェブサイトで行います。指示に従えば、簡単にと登録が可能です。クレジットカード入力には時間制限がありますのでスムーズに行えるように前もって準備しておきましょう。

※日本国内からお申込みをする際、画面の見え方が異なる場合があります。

STEP
IELTSオンライン版の予約サイトへ行き、”IELTS Online を予約する”を押す
*IELTSオンライン版 画面。予約ボタンもサイト内に複数あり

*IELTS Online test 予約画面

STEP
 志願学校や機関がIELTS Onlineを受け付けているかを確認 (スキップすることも可能)。

もし受付可能とリスト化されている場合でも、その機関や学校先のサイト等できちんと最終確認を怠らないように。

*Skipを押せば省略。機関名を入れてSearchを押すと対応しているか分かる

STEP
スピーキングテストの日程を選ぶ

大体3週間後以降の特定の曜日のみ予約が可能。今回はカナダ/トロントからの申し込みなのでトロント時間表記(EDT・東部時間)で表示されていますが、アクセスされている国を自動で検索しているので日本からお申込みの場合は日本時間で可能な時刻が表示されるはずです。

*Speaking testの日付と時間を選ぶ

STEP
他3技能(Listening/Reading/Writing)の日時を選ぶ

自動的に予約が可能な日程が表示される。(Speakingは別日となります)

STEP
日時と料金を確認し、「I agree to the Terms and Conditions」 と「 I agree to the IDP IELTS Online Privacy Policy」にチェックマークを入れ、「Log in and complete your booking」を押す
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-66.png
STEP
アカウントを既に持っている人は左の log in を、持っていない人は Sign-up using your emailの所に有効なメールアドレスを入れ、Next ボタンを押す

左は既にアカウントをお持ちのお客様、初めての方は有効なメールアドレスを入力。
今回は「初めての方」設定で登録。

STEP
必要事項を全て入力する。以下に注意点を明記しておく

・電話番号: 国番号は居住国のものをお選びください。
・誕生日欄: DD/MM/YEAR (日・月・年)順になっている。
・パスワード: 8文字以上で、最低1文字(つ)以上の大文字・小文字・数字・記号を使用。

全ての必要事項欄の記入が終わったら、「I agree to the terms & conditions」にチェックマークを。
お知らせなど受け取りたい場合は全てにチェックマークを付け、Creat an account ボタンを押す。

アスタリスクマーク(※)がついている部分は必須記入事項です。間違いなく入力を。

STEP
クレジットカード番号を入力し、申し込み完了。

決済はクレジットカードのみ可能

左側にご予約情報と金額の明記があるので最終確認後にクレジットカード情報を入力してください。

登録が完了しましたら、登録したメールアドレスへアカウント作成をした通知メールと、ご予約完了のメールが届きますの。登録メールにメールが届かない場合は登録がうまく行われなかった可能性があるのでセンターにお問合せしましょう。

自宅受験の当日の流れ

Speaking Test編

  • 試験開始時刻15分前にExam Portalを起動
  • My Accountにあるユーザー名、パスワード、Speaking PIN Codeを使ってログイン
  • マイクとビデオを確認
  • 顔写真と身分証明書(パスポートの顔写真)を撮影
  • Waiting Roomに入り待機
  • 試験官と画面越しに対面しながらテストを受け、Part 3が終了したら試験終了

Listening/Reading/Writing Test編

  • 開始時間になったら、Exam Portalを起動
  • My Accountにあるユーザー名、パスワード、Listening/Reading/Writing PIN Codeを使ってログイン
  • IELTS Online AC Written T1というListening/Reading/Writingのテストを選択
  • ビデオなどのシステムチェックをし、顔写真と身分証明書(パスポートの顔写真)を撮影
  • IELTS Greeterが本人確認、ルームスキャン(周りに禁止品がないかなどの確認)方法、ルールを説明し、開始
  • テストが開始されると、ブラウザはロックされテストプラットフォーム以外にはアクセス不可になる
  • テスト中は指示があるまで「終了ボタン」をクリックしない

以下は、Listening/Reading/Writing 3技能においての操作方法の動画となります。
しっかり目を通しましょう。

Listening Test 動画

Reading Test 動画

Writing Test 動画

IELTS Online 受験 まとめ

自宅から受験できるIELTSは便利と言えば便利ですが、セキュリティーが厳しいなどの理由でそれほど需要が多いわけではありません。IELTSアカデミックのみ対応可能で、受け入れる教育機関も限られているので注意しましょう。デメリットも多いですが、選べる時間帯が広く、好きな時に受けられのメリットもあります。上記を踏まえ上で受験をする際は、快適にテストに集中できるように環境を整えておきましょう。

オンライン時代のIELTS対策

Metropolitan Academy of English

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!