【新形式】TOEFL ライティング対策にはテンプレートが効果的

【2023新形式】TOEFLライティングでは、2つのエッセイを書くのに約30分の解答時間を与えられますが、しっかりとした対策なしでは時間が足りず、完全に書き終えることは難しいでしょう。そのためTOEFLのライティングテンプレートを使ったエッセイの書き方はぜひ覚えておきたいものです。

【新形式】TOEFLライティング概要

まず、TOEFLライティングは、Integrated Writing Academic Discussionの2つのタスクが出題されます。

時間文字数概要
Integrated Writing
(統合問題)
20分250 – 300 words読んで聞いた情報をまとめる
Academic Discussion Writing
(独立問題)
10分100 – 150 words
教授と他2-3人人の生徒の意見を読み、自分がどちら側の立場になるのかを選び、理由を述べる

Integrated Writingは、リーディング、リスニング、ライティングの3つの技能を必要とする統合問題です。よって、こちらのタスクではライティングの他にリーディングとリスニング能力も問われます。

▼流れ

1.リーディング (3分間): あるトピックに関するパッセージを読む
2.リスニング (約2分間): 同じトピックのレクチャーを聞く
3.ライティング (20分間): 読んで聞いたものを要約する

リスニングはメモを取ることができますが、音声は一回しか流れないので一発勝負になります。効率的にメモを取れるように予め練習をしておきましょう。
また、TOEFLライティングはキーボードを使いコンピューターに入力する必要がありますので、タイピングスキルも鍛えておくとよいでしょう。

Integrated Writingテンプレート

TOEFLライティングのテンプレートを知っておくことで、次に何を書くべきか整理しやすくなり、時間短縮にも効果的です。
TOEFL Integrated ライティングは、Introduction、Body①、Body②、Body③4段落で書きます。Conclusionはなくても問題ないですが、書き加えることも可能です。

下記は質問形式に関係なく、何にでも使えるIntegrated ライティングのテンプレートです。文章を書き出す表現の仕方だけでも覚えておくと、本番でも時間を無駄にせず書き始められます。

【Introduction】

・The author and the lecture are both talking about_____________.
・The author of the article feels that _____________ .
・His /Her feeling on the matter is that _____________ .
・His position is that _____________ .


【Body①】

・According to the reading _____________ .
・First of all, the article mentions that _____________ .
・The lecture challenges this specific argument.
・Additionally, he points out that _____________ .

【Body②】

・Furthermore (Secondly), the author suggests _____________ .
・In the article, it is clamed that _____________ .
・The lecture, however, asserts that _____________ .
・He/She expands on this idea by stating _____________ .

【Body③】

・Finally, the author posits that _____________ .
・The author provides evidence by outlining the fact that _____________ .
・In contrast, the lecture’s position is _____________ .
・He/She observes that _____________ .

Academic Discussion Writingテンプレート

【新形式】TOEFL Academic Discussionライティングは、10分間という時間制限がある中で、あるトピックに対して2~3人の生徒の意見をもとに、教授の質問に答える形式です。自分がどちらの立場なのかを選び、その理由を1つ~2つ簡潔に100文字以上、150字くらいで投稿形式で記述をするので、自分の意見を述べ、賛成点や反対点を論じるリーディング&ライティング力が必要とされます。エッセイのような段落構成は不要ですが、高得点を獲得するためにも以下の構成をしっかりと押さえましょう。

▼段落構成

高得点を実証するストラクチャーを理解し、使いこなすためには、ある程度の構成を暗記し、何度も練習をする必要があります。これから紹介する【便利な表現】も駆使し、日頃から本番のような気持ちで取り組みましょう。

【便利な表現】
・Personally, I believe A
・I am of the opinion that A
・I feel this way for several reasons: First of all / First
・The professor says
・This is because A and B
・On the other hand, / In contrast
・To be specific,
・〇〇 raised a relevant point that
・I would add
・Second / Secondly
・Ifを使った節
・Therefore / Hence / Overall

【新形式】TOEFL ライティングテンプレートのまとめ

TOEFLライティングのテンプレートを活用することで、次に何を書くべきなのか文章構成を組み立てやすくなり、そして書く内容を明確に表現することもできます。

Integrated ライティングは、読んで聞いた内容をまとめるだけなのでテンプレートを十分に活用できるものの、Academic Discussion ライティングは生徒の意見などを読み、自分の立場・自分の考え・意見を述べる投稿形式であり、構成をしっかり覚えておくことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!