IELTS試験対策に日本人講師をおすすめする6つの理由

 IELTSの試験対策を行う学校は数多くあり、ネイティブ講師がIELTSを教える学校も少なくありません。

英語を学ぶ上では、日本人講師から学ぶ場合・ネイティブ講師から学ぶ場合、それぞれメリットはありますが、試験対策については日本人講師から学ぶことが最も効率的だと考えられます。

つまり、ネイティブによる英語で解説されるレッスンを理解することができる人は既に英語上級者です。このレベルの方がネイティブから教わるのであれば、自然な英語表現やリスニング力の向上に役立ちます。一方で、英語初級者やリスニング力が備わっていない方は、ネイティブ講師の解説が理解できず、せっかく高いお金を出したのに、授業がほとんどわからずに、無駄に終わってしまうケースが多いです。

ネイティブ講師が言っていることをある程度理解できる方でも「なんとなくわかる」で終わってしまう傾向があるため、英語の細かいニュアンスの違いや、文法の解説などは日本人講師から学ぶのが一番効率的といえるでしょう。

日本人講師なら日本語で質問する事ができ、日本語で丁寧に解説してもらえる

すべて英語で行われる授業では、質問のタイミングがわからなかったり、間違ったことを聞いているのではと怖気付いてしまい、なかなか質問や発言ができないことが多いと思います。特に、まだ英語の勉強をし始めたばかりの初級者にとっては、無理して英語で質問することはとても勇気がいる事です。

その点、日本人講師との個人レッスンでは、分からない事は日本語でその場で聞くことができ、自分が納得するまで何度でも質問できます。

日本人講師ですと、質問に対し日本語で詳しく答えてくれるので、生徒様にとって「分からない」という状況もなくなります。

また、リーディングは日本人講師だと日本語訳を確認できるため、英文を正しく理解することができます。よくあるのは、直訳はできても問題文の意図をわかっていないパターン。英語のリーディングを高めるためには、日本語での理解が必要不可欠です。その表現が、どのように解釈できるかという読解力も同時に養うことができます。

日本人講師なら日本語特有の表現を英語でどのように表現するのか教えてくれる

ネイティブ講師のレッスンでは、ナチュラルな英語表現を学ぶことはできますが、日本語で言いたいことを英語でどのように表現するのか教えてもらうことは難しいです。英語と日本語は全く異なる言語なので、直訳できない日本語がたくさんあります。特に、英語の勉強を始めたばかりの人ほど、教えてほしい表現はたくさんあるのに、一生懸命伝えようとしてもネイティブ講師には何を言おうとしているのか理解してもらえないことがほとんどです。

【例】面倒くさい

「面倒くさい」は、英語では ”I can’t be bothered~” と表現します。この ”bother” は本来「悩ます・迷惑をかける」と言った意味がありますが、今回は ”bother” という単語を受動態で用いて「私は~に悩まされるわけにはいかない」=「~するのが面倒くさい」と考え方を工夫した表現です。

日本語では非常によく使う「面倒くさい」という表現でも、ネイティブに「面倒くさい」の持っているニュアンスを説明して、正しい表現を教えてもらうことは難しいですね。「面倒くさい」とは違う表現を教わってしまう場合もあると思います。

このように、日本語を直訳して英語で伝えようとしたものの、ネイティブ講師に理解してもらえず、結局諦めて悔しい思いをした方はいらっしゃるかと思います。

その点、日本人講師なら、自身の知識や経験から生徒様が英語で何を言おうとしているのか察知することができるので、誤りを直してくれたり、よりよい表現を教えてくれます。

自分が言いたいことをうまく表現できれば、IELTSのライティングやスピーキングのセクションにおいても、表現力を活かしてスコアアップに繋がります。

日本人講師からIELTSの問題の解き方や考え方について学ぶことができる

IELTSで目標スコアを達成するには、問題を解く際のテクニックを知っておくことが非常に重要です。つまり、テクニックなしでそのまま問題を解いているようでは、よっぽど英語の能力が高くない限りはIELTSの点数は取れません。

IELTSを受験したことがある方は、リスニングでの会話についていけなかったり、リーディングでは時間が足りず、問題を全て解くことができなかった、といった失敗があるのではないでしょうか。実はこういった失敗は、試験の時のテクニック次第で解決されることもあるのです。

日本人講師による授業では、IELTSの攻略には欠かせないテクニックや問題の解き方をしっかり教えてくれます。

本来取れるべき点数を、試験のことをよく知らなくて逃すのは非常にもったいないです。特に高得点を狙っている方にとって「テクニックを使う」ということは必要不可欠と言えるでしょう。

IELTSのリスニングやリーディングは独学で対策できても、ライティングを独学で伸ばすのは難しいと感じる方は多いようです。 

【ライティングの評価基準】

  1. 質問にきちんと答えているか
  2. 論理的であるか
  3. 語彙
  4. 文法

この4つの基準を満たしているほど高いスコアを獲得できるので、たとえ文法をよく理解し高い語彙力を持っていても、内容に問題があると必ずしも高得点を取れるとは限らないのです。

つまり、IELTSのライティングは内容重視とも言えるので、論理的な文章を書けるようにならなければいけません。

ネイティブ講師による添削サービスを利用している方もいらっしゃるかと思いますが、文法や語彙の間違いだけを直されることが多いです。確かに、ネイティブによる添削は自然な英語表現を学ぶのには効果的ですが、内容の添削まで行うサービスはほとんどありません。また、日本語を直訳したような英語表現は、ネイティブには理解されていない場合も多く、訂正された箇所が書きたいことと違うこともしばしば見られます。

日本人講師による添削は、文法や語彙の間違いだけでなく、内容の論理性・一貫性も確認します。また、日本語の直訳になっているような英語も日本人なら何を書きたいか理解できるので、自分の書きたい内容を正しい表現に訂正してくれます。

また、意外と難しいのが論理的な思考。問題文を正しく理解し、問題の主旨にあった内容を一貫性を持って書いているかどうかは、先に述べたようにIELTSの重要な採点基準です。ライティングにおける論理的な考え方やディスカッションは日本語で行った方が時間の短縮にもなりますし、英語で行うより深く理解できます。

ライティングが苦手な方や点数に伸び悩んでいる方、特に英語のエッセイを書きなれていない方にとっては、日本人講師からライティングの指導を受けることは非常に効率的です。

日本人講師から効率的で貴重な学習法を教わることができる

日本人講師は、講師自身が英語を勉強し、習得してきた経験があるので、自分の経験をもとに力がつく勉強方法や、効率の良い単語の覚え方などを生徒様にアドバイスすることができます。また、日本人がつまずきやすい文法や間違えやすい表現も知っています。

生徒様にとって無駄がなく、効率的に学習できるのが日本人講師に学ぶことの最大のメリットでしょう。

また、IELTSなど試験対策においても、問題の傾向や特徴をおさえており、日本人が間違いやすいポイントも把握しているため、日本人に合った適切な学習方法を教えてくれます。実際にIELTSを受けたことがある日本人講師から指導を受けられるのは安心ですよね。

日本人講師なら限られた時間を無駄にせず有効に使う

日本人の特徴として、時間を守る、勤勉であることがよく挙げられます。日本では、学校や塾などでは授業時間を守ることは当然だと思います。日本人講師のレッスンも、もちろん授業時間内で、より効率よく学べるよう構成立てられていることがほとんどです。

一方で、ネイティブ講師にはマイペースな方が多く、一旦会話が始まると、レッスンに関係ないことでも長時間話してしまい、時間が無駄になってしまうことも少なくありません。もちろんネイティブにも時間を守り、時間配分を考えて的確に指導する講師もいますが、そういった講師は語学学校等で名物講師・人気講師になるような方で、残念ながらあまり多くはないようです。

授業の時間配分は大切です。講師は限られた時間の中で、生徒様にとってより効率的に学べる工夫するよう心掛けるものです。日本人講師とのプライベートレッスンでは、生徒様と二人三脚で、目標スコアの達成を第一に考えているので、無駄な時間がありません。

日本人講師なら迅速かつ手厚いサポートを受けることができる

日本人講師は、日本人の性質をよく知っているので、生徒様の表情や話すトーンで生徒様が何を考えているか気付いてくれることが多いです。たとえば、体調が悪い時に無理してレッスンを受けていると、意外と講師は気付くものです。自分ではなかなか言い出せないものですが、体調が悪ければ、無理しないペースでレッスンを進める、等の調整を講師の方で提案することもできます。

レッスンの雰囲気や居心地が悪いと、せっかくのレッスン時間が憂鬱になったり、最悪の場合一旦受講をストップしてしまうことも…。

日本人講師なら生徒様の状況や理解度、個々の性格に合わせて指導方法や課題の量を調整しているので、生徒様は安心してレッスンを受講することができます。

日本人の手厚いサポートにかなうものはありません。

IELTS試験対策には日本人講師が相応しい理由まとめ

 IELTS試験対策には、ネイティブ講師より日本人講師の方が日本語で細かくテクニックなども教えてくれるので、生徒様にとって効率的に学習ができます。目標スコアの達成には、日本人講師から学ぶことが近道の場合がほとんどです。 IELTS対策を日本人講師から習うか、ネイティブ講師から習うかで迷っている場合は、自分の実力を考慮したうえで、それぞれのメリットを箇条書きにして比べてみると良いでしょう。 

IELTS日本人講師ならMAEにお任せ!

Metropolitan Academy of English

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!